変わってるよねって言われると

ちょっと嬉しくなるひねくれ者の店主と

 

看板鳥の白文鳥riri(♂)が

 細々と営む小さなお店です

 

多分公開したところで

すんなり辿り着ける人がいないと思うし

説明するのも面倒くさいので

住所、電話番号は非公開にしている

一応お店なのにお店らしからぬ

一風変わったお店です

 

 店主の生まれながらの性質を現す

十干の “丁(ひのと)” を屋号とし

2016年3月にこっそりopenしました

 

キャンドルの灯火や月明りなどの

陰性の火の性質をもつ“丁”のように

穏やかで温かく、尚且つ

店主のありのままを表現できる

 

そんなお店になればいいなぁ…

という願いが込められているのですが

そのまんまひねくれたお店になっています…

 

 

  看板商品のガトーバスクをはじめ

 ジャンル問わず色んなお菓子を作っています

 

自分が納得しないと商品化できない

という多少の頑固さと自己評価の低さから

なかなか商品数は増えないものの

 

その分、“美味しさ”と“自分らしさ”に

とことんこだわりぬいて作り上げた商品は

ちょっと(かなり?)自信を持って

世に送り出しています

 

 

 素敵を追及して必死に作り上げた

実店舗があるのにも関わらず

 

隠れたい願望からか、人見知りだからか

はたまたやる気がないだけなのか

お店に誰でもCome on! Welcome!

な状態にはなってほしくない…

 

でも丹精込めて作り出したお菓子達は

たくさんの人達のお口に届いてほしい…

 

 

 

 

そんなひねくれた我儘から

この度、苦手なパソコンに泣く泣く向き合い

やっとのことでホームページを作成し

ネット販売を始めるに至りました

 

こんなふざけてるのか何なのか

よく分からない店主ですが

少しでも興味を持っていただき

飼い主とは違って、誰にでもすぐ懐くriri共々

温かく見守っていただければ幸いです